証拠金

SPAN®について

大阪取引所において取引された先物・オプションは、株式会社日本証券クリアリング機構(以下、「クリアリング機構」という。)で清算されます。
クリアリング機構は先物・オプション取引の証拠金所要額の計算方法にChicago Mercantile Exchange(CME)が開発した証拠金計算方法であるSPAN®(The Standard Portfolio Analysis of Risk)を採用しています。

  • SPAN®を利用すれば、デリバティブから生じるあらゆるリスクを合理的にネッティングすることができ、投資家の証拠金負担を軽減できます。
  • SPANリスク・パラメーター・ファイル、SPANパラメーター等につきましては、クリアリング機構のホームページをご覧ください。